熱中症A

熱中症は夜もご注意!

梅雨が明けた後は連日の猛暑さが予想され、

気象庁は、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。 

炎天下の屋外に限らず、

熱中症は、室内でも多く発生していて、

夜間も その危険度が高まるそうです。

熱帯夜(夜間の最低気温が25℃以上の日)など

蒸し暑くて寝苦しい夜が特に危険で、

昼間の熱が部屋の中にこもって、

寝ているうちにも熱中症になる場合も。

節電を意識し過ぎて健康を害さない様、

無理をせず エアコンや扇風機など  

寝室の湿度や温度の調整が必要です。

就寝中は沢山の汗をかき水分は失われるため

脱水症状が起こる場合があります。

入浴前や寝る前は 適度な水分補給が重要。


寝る前に一杯の水を飲んだり、

いつでも水分補給ができるよう

枕元に水を置いておくとよいと言われます。

 

コップの水aa.png

熱中症@

この季節になるとよく話題になる「熱中症」????
熱中症とその予防法については
情報誌などでもたびたび紹介されています。

 

<熱中症とは>

高温環境下で発生する障害の総称。

暑熱環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称。

熱失神、熱疲労、熱射病、熱けいれんなど。

 

<熱中症予防>

●急な暑さに注意する

屋外活動しているときだけでなく、
就寝中など室内でも熱中症を発症するそうです。

●暑い時は無理な運動を避ける

炎天下や高温多湿の場での
無理な運動や作業は控えましょう。

●失った水分や塩分を補給する

多量の発汗で失われた
水分と塩分の適切な補給が大切。
事前の水分補給も大切だそうです。

●暑い時は 涼しい服装を。

 吸湿性・通気性の良い素材で軽装を。

●体調の悪いときには無理をしない

体調の悪い時は体温調節能力も低下するそうです。
体力が弱い人、肥満の人、高血圧の人、
暑さに慣れていない人など、特に注意が必要。

少しでも疲れたと感じたら、
日の当たらない涼しい所で休みましょう。

●適切な室内温度に調整する

こまめな換気、風通しを良くする、
遮光カーテン、すだれ、打ち水、
扇風機やエアコンを使った温度調節、など、
室温が上がりにくい環境を。

快適な室温は28℃が目安だそうです。

 

太陽.jpg

▲このページのトップに戻る