夏疲れB

夏の疲れ

秋口になると夏の疲れがどっと出てくる気がします。

髪の疲労

強い日差しや暑さで

髪や頭皮も疲れています。

 

紫外線は肌だけでなく、

髪にもダメージを与えます。

髪がパサパサになったりするのも

日焼けが一因だそうです。


秋の抜け毛の原因は

夏の疲れが原因とされています。

 

健康な髪と頭皮をキープするには

髪と頭皮を清潔に保って

血行促進や潤い補給、栄養補給など、

毎日のヘアケアが大切のようです。

 

 

 

薄毛・脱毛でお悩みの方に

アミノン 薬用育毛剤 香髪の泉 150ml

香髪のいずみ.jpg 香髪のいずみ.jpg 香髪のいずみ.jpg アミノン薬用育毛剤「香髪の泉」

 

 

酵母エキス配合・紫紺エキス配合

アミノン 薬用シャンプー

1.aytrm.jpg1.aytrm.jpg1.aytrm.jpg

フケ、カユミを防ぎ、髪と地肌を洗浄にして、

しっとりしなやかに保つ弱酸性の薬用シャンプーです。

 

夏疲れA

夏の疲れ

秋口になると夏の疲れがどっと出てくる気がします。

肌の疲労

暑い夏の季節のお肌は、

強い日差しを浴びたり

たくさん汗をかいたり

相当なダメージを受けています。


夏が終わりを迎える頃・・

紫外線や冷房により乾燥してしまったり、

皮脂や汗が過剰に分泌されたりと、

お肌は疲れて弱っています。

過酷な夏を過ごしてきたお肌を回復させ、

お肌の老化を少しでも軽減させるよう、

秋口のスキンケアは大切だそうです。


さらに

外側からのお手入れだけなく

毎日のお食事や 質の良い睡眠など

体の内側からきれいになるような

工夫も必要と言われています。

秋は 夏の疲れを回復し、

冬に備えて体調を整える

準備期間といえるようです。

 

 

酵母エキス配合の自然派化粧品

『 アミノン化粧品 』

 アミノン プレミアムシリーズ 

優れた保湿機能と荒れ肌改善作用

アミノン14.jpg アミノン6.jpg アミノン2.jpg

 ロイヤルホワイト薬用エッセンス  

肌を整え潤いを与える美白美容液 
美白を促進し透明感のあるお肌に。 

アミノン16.jpg

 ロイヤルホワイトマッサージクリーム  

美白効果のあるマッサージクリーム  
皮膚の血行をよくして老化を防止。

無香料、無鉱物油親水性で美白効果のある、 
弱酸性タイプのマッサージクリームです。

アミノン15.jpg

 



夏疲れ@

夏の疲れ

秋口になると夏の疲れがどっと出てくる気がします。

内臓疲労

夏は冷たい飲食物の摂り過ぎや冷房で

内臓が冷え胃腸の働きが低下しやすくなります。

外気温が高い夏は

体温維持に使うエネルギー消費が最小限で済むので、

寒い季節より基礎代謝は10%も下がっているそうです。


基礎代謝が下がると、血液の循環が悪くなり、

体力が落ちたり疲れやすくなるそうです。


疲労回復には

必要な栄養素を補給しつつ、

内臓を温めたり、血流を改善して、

ゆっくりリラックスすることなども大切なようです。

 

秋は 夏の疲れを回復し、

冬に備えて体調を整える

準備期間といえるようです。

  

 

 

この記事を見た方は こんなページもご覧です

活きた酵母菌がいっぱいの「富元酵素」「アミノン酵母原液」

善玉菌をふやして腸内環境を整えましょう

 富元酵素について 

1.fgbb2.jpg 1.fkmatsuba.jpg

富元酵素 「ボイセンベリー」、富元酵素「松葉入り」

 

 アミノン酵母について 

1.amg02bb.jpg 1.amkknew1400.jpg

アミノン酵母原液1000ml、アミノンコーボ固形1400個入

 

 アミノン薬用入浴剤「モイストバス酵母の湯」 

1.amkby.jpg

夏バテB

夏バテ予防には

十分な休養と栄養補給がポイントのようです。

<夏バテ予防の例>

バランスのよい食事を心がける

疲労回復に有効な栄養素を中心に

栄養バランスの良い食事が重要だそうです。

ビタミンB1・B2やクエン酸、

ビタミンC・ナイアシンなど、しっかり摂りたいです。

 

こまめな水分補給を

多量の発汗で失われた

水分と塩分の適切な補給が大切。

事前の水分補給も大切だそうです。

入浴前や寝る前の水分補給も。

 

冷房をうまく利用

節電を意識し過ぎて健康を害さない様、

無理をせず エアコンや扇風機など

寝室の湿度や温度の調整が必要です。


適度な運動

適度な運動をすると、ストレス発散にもなり

食欲不振の解消や快眠にもつながります。

自律神経の回復にも効果的とか。

運動する際は炎天下を避け、

朝夕の涼しい時間帯や涼しい環境で。

こまめな水分補給も忘れずに。

 

 

規則正しい生活

十分な休養

十分な睡眠

住居に涼しさの工夫

服装に涼しさの工夫

寝つきをよくする工夫


 

☆夏バテ予防の対策は 

熱中症対策と共通する部分が多いみたいです。

 

 

なつばて4.gif なつばて.gif   なつばて2.gif  

夏バテA


<夏バテの原因>


○室内と外気の温度差が大きいため、
  →体温調節機能が低下し、自律神経が乱れる

○自律神経のバランスが乱れるので、
 →内臓機能の低下や食欲低下に

○食欲が低下するため
 →十分な栄養が補給されなくなり
 →疲労の蓄積や体調不良の原因に

○冷たい水分を多く摂ることで
 →内臓(胃など)の働きが低下し、
 →消化不良・食欲不振の原因に。

○大量の汗をかくことで
 体内の栄養素(ビタミン・ミネラル)が汗と一緒に流出し、  

 →栄養不足となり、
 →疲労の蓄積や、
 →神経・筋肉の機能低下に

 

 

なつばて10.gif なつばて13.gif

夏バテ@

<夏バテとは>

夏バテは

夏の暑さにより自律神経系が乱れることから

現れる様々な症状のこと。

暑気あたり、夏負けと呼ばれることもあります。

 

 

<夏バテの症状>

だるい、 食欲がない、 

よく眠れない、体調がすぐれない、など。

 

めまい、吐き気、頭痛なども要注意とのこと。

熱中症の症状とも重なるそうです。ご用心下さい。

 

 

 なつばて5a.gif    

▲このページのトップに戻る