アブジャールティー

強い抗酸化作用あるポリフェノールを豊富に含むお茶

4.abj.png4.abj.png4.abj.png

活性酸素 除去能力に優れた成分を含む 天然茶葉をブレンド

アブジャールティーは、主原料「アフリカつばき茶」に「有機ルイボス・紫イペ・桑の葉・はと麦」など健康茶として愛飲されてきたものを独自の製法でブレンドした、ミネラル分を豊富に含んだおいしく香ばしいお茶です。
原料は全て無農薬栽培・天日干し。 薬品等の使用は一切ありません。厳選した天然茶葉使用の安心・安全なお茶を、ティーバックに詰めてお届けします。皆様の健康維持にお役に立てください。

 

?????????i?V?????j家族の健康習慣に?????????i?V?????j

4.abj.png4.abj.png4.abj.png

3箱セット特価&送料無料 』がお得です!

キリマンジャロを仰ぐ 赤道直下の高原で栽培される「アフリカつばき茶」

「アフリカつばきの葉」って??

■学名「カメリアシネンシス」というツバキ科の樹木

■アフリカつばき茶は、アフリカ最高峰キリマンジャロを仰ぐ赤道直下の高原で栽培され、古来より現地の人々に愛飲されてきました。

■アフリカつばきの葉(アフリカつばき茶)は

活性酸素の消去能力が高く、強い抗酸化作用を持つといわれる成分「ポリフェノール類」の含有量が多いのが特徴。さらに 必須アミノ酸全てを含む19種類のアミノ酸を含有し、ミネラルも豊富に含んでいます。

【活性酸素】

「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のこと。

老化促進の有害因子と言われ、生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となるといわれます。

【抗酸化】

体の中を錆びつかせない(酸化を抑えること)こと。

【抗酸化作用】

活性酸素から体を守る(活性酸素を抑える)作用のこと。
 

抗酸化作用のある成分含む 健康補助食品 他にもいろいろ
富元酵素松葉入り 1000ml
1.fkmatsuba22.jpg

昭和27年から皆様に長く愛され続けている富元酵素。「富元酵素松葉入り」は、赤松の葉を野生酵母菌によって培養醗酵させています。松葉成分には抗酸化物質が多く含まれていることが注目されています。 富元酵素 1本(1000cc)に生きた酵母菌が100億以上と、活性菌がきわめて多い 酵素飲料です。防腐剤、着色料、人工甘味料は使用せず、無添加。

詳しくはこちら

富元酵素 ボイセンベリー1000ml
1.fgbb22a.jpg

富元酵素 ボイセンベリ−」は、ボイセンベリー濃縮果汁を、野生酵母菌を用いて純粋培養により丹念に磨き上げた商品です。ボイセンベリー果実には、抗酸化物質であるポリフェノールが非常に豊富に含まれています。アントシアニンがブルーベリーよりも数倍多く含有されています。富元酵素は 1本(1000cc)に生きた酵母菌が100億以上と、活性菌がきわめて多い酵素飲料です。防腐剤、着色料、人工甘味料は使用せず、無添加。

詳しくはこちら

紅豆杉茶 (2g×30包)60g
4枚スライド6ccc.jpg

紅豆杉茶は、貴重な『雲南紅豆杉』の材部だけを自然の姿のままお茶の形にしました。『不老杉』とも呼ばれる、樹齢1,000年以上の自生の雲南紅豆杉のみを100%使用し、一切の化学合成物が添加されていない無添加・ノンカフェイン・ノンカロリーの天然樹木茶なので、安心して ご愛飲いただけます。

詳しくはこちら

川端の松葉エキス原液 60g
4.kmtseg.png

川端の松葉エキス』は 明治15年創業(株)川ばた乃エキスの製品です。川端の松葉エキス(原液)奥深い山渓に自生する赤松の葉を湧き水で煮出した煮汁だけをトロトロと30時間余り煮詰めて作った本物エキスです。もちろん無添加。三重県南部の奥深い渓谷の松葉100%。

松葉には18種類の「アミノ酸類」を始め、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ポリフェノールの一種「ケルセチン」、松ヤニ特有の成分「テルペン類」も含まれます。松葉成分には 活性酸素を消去するといわれる抗酸化物質(SOD)が多く含まれていることが注目されています。 

詳しくはこちら

 



温度差にご注意

〜冬〜 温度差にご注意

冬の寒さは

血管を収縮させて、血圧をあげます。

寒さだけでなく、温度差も

血管に大きな負担をかけます。

温度差が大きいと

血管の拡張と収縮が急激に行われるため、

血圧も急激に変化して、それが

心臓や脳血管の障害を引き起こすそうです。

冬場は 暖かい部屋から寒い部屋に

移動するときは 特にご注意ください。

お風呂に入るときには

脱衣所や浴室を暖めておいたり、

夜間に布団からトイレへ移動する際は

靴下や上着を羽織ったりするなど、

急激な温度変化を避ける工夫が必要です。

お風呂はぬるめのお湯にゆっくりつかるとか、

早朝は布団から飛び起きたりしないで

深呼吸をして、お布団の中で靴下をはくとか、

ゆっくり行動をした方が良いそうです。

 

ちょっとした工夫をするだけでも

温度差による身体への負担を減らし、

予防につながるのではないでしょうか。

▲このページのトップに戻る