コラーゲンのはたらk

 

お肌や足腰の老化防止に ぴかぴか(新しい)コラーゲンのはたらき

 

コラーゲンと聞くと・・・お肌「プルプル」とか 「美容にいい」というイメージが強いですが、実はそれだけではないのです。他にもいろいろ、美と健康を保つすばらしい働きがあるのです!

 

コラーゲンは 皮膚、骨、歯、軟骨、腱、血管壁などを整え、細胞と細胞を結び付けたり、その弾力性を持たせたり、新陳代謝を促進したり、骨にカルシウムを補給したり、骨や臓器などの補強や形を正常に支持する働きを果し、健常な生命活動を行う上に大変重要なものです。コラーゲンには、免疫力を高める効果もあります。

 

 

コラーゲンとは

■コラーゲンはタンパク質の一種で、

カラダを構成するタンパク質の約30%を占めます。

■皮膚組織では水分以外の7割がコラーゲンで、 

皮膚の弾力性やみずみずしさを保つのに役だっています

■コラーゲンは  

細胞と細胞の間をつないで酸素や栄養を補給したり 

老廃物を除去したりする経路を作っているほか、 

軟骨や骨の弾力性を増すのにも役だってます。

■腱や靭帯を構成してるたんぱく質もコラーゲンで、

目の水晶体や角膜にも含まれてます。

コラーゲンの大切なはたらき

お肌の真皮層の約70%はコラーゲン。

関節軟骨の約50%もコラーゲン。

コラーゲンはカラダのあらゆる場所に含まれており

身体の土台を作る重要な役割を担っています。

みずみずしく弾力のあるお肌の維持、

すり減った軟骨の再生や痛めた関節軟骨の修復や

再生にも コラーゲンは深く関わっています。

加齢とともに減少するコラーゲン

 

残念なことに、体内で作られるコラーゲンは年齢とともに減少。

お肌や足腰の老化防止のためにも、良質なコラーゲンを継続して補給することが

必要になるわけです。

 

▲このページのトップに戻る