熱中症A

熱中症は夜もご注意!

梅雨が明けた後は連日の猛暑さが予想され、

気象庁は、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。 

炎天下の屋外に限らず、

熱中症は、室内でも多く発生していて、

夜間も その危険度が高まるそうです。

熱帯夜(夜間の最低気温が25℃以上の日)など

蒸し暑くて寝苦しい夜が特に危険で、

昼間の熱が部屋の中にこもって、

寝ているうちにも熱中症になる場合も。

節電を意識し過ぎて健康を害さない様、

無理をせず エアコンや扇風機など  

寝室の湿度や温度の調整が必要です。

就寝中は沢山の汗をかき水分は失われるため

脱水症状が起こる場合があります。

入浴前や寝る前は 適度な水分補給が重要。


寝る前に一杯の水を飲んだり、

いつでも水分補給ができるよう

枕元に水を置いておくとよいと言われます。

 

コップの水aa.png

▲このページのトップに戻る