インフルエンザ対策

気温が低く空気が乾燥する冬は 風邪やインフルエンザが流行る季節です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することにより起こる感染症。


インフルエンザの流行を防ぐためには、

原因となるウイルスを体内に侵入させないこと、

周囲にうつさないようにすることが重要です


[風邪とインフルエンザ]

◆風邪は、様々なウイルスによって起こります。風邪の多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度です。

主に くしゃみ・のどの痛み・鼻水・鼻づまりなどの症状がみられます。 発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりないと言われています。

※お子様・ご高齢の方・免疫力の低下している方は 重症になることがあります。

◆インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる感染症です。高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。

お子様・ご高齢の方・免疫力の低下している方は 重症になることがありますので、特に注意が必要です。


急な発熱など インフルエンザの疑いがある場合は、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

 

なるべくインフルエンザにかからないように、

たとえかかっても重症化せず早く治るように、

日ごろから 免疫力を高めたり、感染しにくくすること が望ましいようです

illust1294_thumb.gif illust1289_thumb2.gifillust1293_thumb3.gif

やはり予防と対策は大事ですね。

 

インフルエンザの感染経路は?
インフルエンザは 飛沫感染 と 接触感染 によって発症します

飛沫感染

感染者がくしゃみや咳をした時に、その飛沫に含まれているウイルスを 近くにいる人が 口や鼻から吸い込むことで感染。

接触感染

感染者の手に付着しているウイルスが、手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して、別の人に感染。

 

 

感染経路を知って 感染予防を

インフルエンザが流行している時は、

なるべく人混みや繁華街への外出を控えましょう

 

外出しなければならない時は マスクを着用

帰宅したら、うがい・手洗いを。


歯磨き・舌みがきなど口腔内を清潔にすることも

インフルエンザ予防に有効と言われています。

 

ウイルスを体内に入れないことが基本なのですね!

 

インフルエンザの感染を広げないために、

一人一人が 「かからない」「うつさない」対策を実践したいですね!

 

ロイヤルジュエリーローションWS

保湿成分を新たに配合 いっそう つややかで きめ細かなお肌に

2016年秋、ロイヤルジュエリーローションWS 28ml リニューアル発売!

みずみずしい ハリ肌は 美しい

従来のアミノン「ジュエリーローション」に追加配合された

保湿成分/水溶性プロテオグリカンと

     ヒトオリゴペプチード

の働きで、いっそう みずみずしく つややかな素肌に

004-rjlws2.jpg 0206amkbg22.jpg

アミノン「ジュエリーローションWS 28ml」 リニューアル新発売!

→ 詳しくはこちら

 

使いやすいポンプ式の容器になりました!
004-rjlws3.jpg

[配合成分]

水・BG・グリセリン・DNA-K・水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン・加水分解酵母エキス・ヒアルロン酸Na・水溶性プロテオグリカン・ヒトオリゴペプチド-1・アラントイン・PCA-Na・グリチルリチン酸2K・ヒドロキシエチルセルロース・グルコース・ベタイン・グルタミン酸・マンニトール・乳酸Na・ソルビトール・プロリン・酢酸Na・ココイルサルコシンNa・水添レシチン・エタノール・コレステロール・キサンタンガム・メチルパラベン

詳しくはこちら

[ご使用法]
指先に適量を取り、朝夕の洗顔後に目のまわりや乾燥しやすいところを重点的に、そしてお顔全体になじませて下さい。


加水分解酵母エキスをはじめ水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、DNA-K等の天然保湿成分を配合し、乾燥しがちなお肌に潤いとハリを与えます。さらに、リニューアルによって追加配合された保湿成分『水溶性プロテオグリカン』・『ヒトオリゴペプチド-1(EGF)』の働きで、一層みずみずしくつややかな素肌に導いてくれます。



実りの秋

美味しいものがいっぱい〜実りの秋〜

10月8日1.jpg

秋と言えば・・読書の秋・・スポーツの秋・・でもやっぱり・・・食欲の秋っ!!

秋は美味しくなる旬のものが沢山出てきて、食べたくなるのも自然なことかもしれませんが、何故こんなに 食欲が増すのでしょう?



秋になり気温が下がると、


体温を維持しようと基礎代謝がアップします。

より多くのエネルギーを必要とするので


その分を補給しようと、お腹がすくそうです。


また、 食べ物が少なくなる冬に備えて

動物は本能的に体に多くの栄養分を取り込み

蓄えておことする性質があるとか わーい(嬉しい顔)

10月8日2.jpg

実りの秋は 夏の疲れを癒し、冬に備え、

体調を整える 大切な季節なのですね。

でも食べ過ぎてしまうと、体重の増加も心配 がく〜(落胆した顔)
食生活が乱れたり、栄養が偏ったりすると、
自律神経が乱れて免疫機能がスムーズに働かないことも。

食べ方や食べる量を上手く工夫して
ストレスを溜めずにリラックスできる環境を整えて、
せっかくの味覚の秋、楽しく乗り切りたいものです!


秋バテ?

やっと猛暑の夏が終わり 秋になったのに、

疲れが取れず、何となく体調がすぐれない・・・

涼しくなって過ごしやすい季節のはずなのに、

身体がだるかったり、食欲不振・・・・

もしかしたら・・・  秋バテかも?



秋バテ


夏の厳しい気象環境や 生活習慣によって、 自律神経の乱れや免疫力の低下が起き、 疲労やダメージが溜まったまま秋を迎え、 気温差のある日が繰り返されたりすると、秋バテが起きやすいと言われます。

秋バテの原因は 夏の生活習慣が大きく関係しているそうです。

 

< 夏の生活習慣例 >

●身体を冷やす食べ物の摂り過ぎ(体の冷え)

●偏った食生活(栄養不足)

●長時間の冷房(体の冷え)

●室内外の気温差(自律神経の乱れ) 等々・・



せっかくの実りの秋を 快適に過ごすために、

日頃の生活習慣を見直して体調管理をしたいものですね!



もちろん身体の不調にはさまざま原因があり一概には言えません。

気になる症状がある場合は 専門の医療機関での受診をお勧めします。

かぼす

カボス

ミカン科の柑橘類。 大分県の特産。

スダチの近縁種ですが、歴史はスダチより浅く、

スダチのほうが小さくて皮が薄いそうです。

スダチと同様、さわやかな香りと酸味が特徴。


0928aa.jpg

主な栄養成分は

ビタミンC、クエン酸など。

クエン酸には

疲労回復効果があるといわれます。

皮に含まれるスダチチンという成分は

ポリフェノールの一種です。

スダチチンには

脂質の代謝を改善したり、体重増加を抑制する

効果がある事が確認されているそそうです。 

また、カボスの爽やかな香りには 

気持ちを落ち着かせ爽快な気分にさせてくれる効果も。

 

カボスは スダチと同様に、

焼き魚やマツタケの土瓶蒸し、カクテルなど、

料理や飲み物の風味づけとして利用されます。

 

 

さわやかな香りと酸味

「ビタミンC」「クエン酸」が豊富に含まれる「すだち

だちバーモント1000ml(5倍希釈用)

 

4枚スライド0.sb.jpg

すだちバーモントは、すだち酢と はちみつと 乳糖果糖オリゴ糖、低カロリーの糖分エリストール、生ローヤルゼリーとみつばち花粉を合わせた果実飲料です。

>>すだちバーモント1000ml



へちま

2014.8.2

お友達の家庭菜園で実ったへちまをいただきました!

へちま食用.jpg

ヘチマ(糸瓜)

ウリ科ヘチマ属

 

へちまは 昔から日本人に親しまれ、

化粧水(へちま水)やタワシとして利用されます。

 

へちまの実を食用にする場合は

繊維や種子が発達していない柔らかい幼果だそうで、

熟すると果肉内に網状繊維が発達するため

タワシなどに利用されます。

 

ヘチマの主な栄養成分は

ビタミンC、葉酸、カリウムなど。

ヘチマサポニンも

近年注目されているとか。

 

 

ロメインレタス

2014.7.21

蓼科の農産物直売所で、珍しいレタスを見つけました。


ロメインレタス

キク科アキノノゲシ属チシャ種

別名、 コスレタス

ろめいんれたす.jpg
一般的なレタスと同じ仲間だそうですが

葉が巻かず立った状態で成長。

ローマ時代に多く利用されていたことから、

ロメイン(ローマの)と呼ばれているとか。

ロメインレタスは

普通のレタスよりも肉厚で、

歯ごたえがとても良いので、

サラダだけでなく、炒め物やお浸しにも。

らっきょう

らっきょう(辣韮、薤、辣韭)

ユリ科。

別名、オオニラ、サトニラ。

地中にできる卵状の白い鱗茎 (りんけい) を食用とします。

 

らっきょうは 

硫化アリル(アリシン)という成分を持つため、

独特な匂いを発する辛味を持っています。


硫化アリル(アリシン)は ビタミンB1の吸収を助け、

疲労回復や滋養強壮に効果があるとされます。

また 抗菌・抗カビ作用を持ち、

代謝機能も高める作用もあるといわれます。


らっきょうには 

食物繊維の一種、フルクタンが多く含まれ、

食物繊維は、腸内環境を整える効果があります。

 

島らっきょう

0103r.JPG

島らっきょうは、

本土のラッキョウより小振りで、

ニオイが強烈なのが特徴です

じゅんさい

ジュンサイ(蓴菜、純菜)

スイレン科またはジュンサイ科(ハゴロモモ科)

 

じゅんさいは 綺麗な池や沼に浮かぶ水草で、

若芽の部分を食用にします。

木舟で摘み取るじゅんさいの収穫は夏の風物詩 ♪

じゅんさいは ゼリー状の粘膜に包まれていて、

特徴あるヌメリとプリプリする歯ごたえが

初夏の味覚として人気があります。

0103js.jpg

じゅんさいの成分は ほとんどが水分で、

特徴は 食物繊維と ぬめり成分です。 

山椒

サンショウ(山椒)

ミカン科サンショウ属。

別名、ハジカミ。

さんしょaa.jpg
「山椒は小粒でもぴりりと辛い」

サンショウは清涼感のある辛みと芳香があり、

日本では古くから香辛料として利用されてきました。

山椒の若葉は

木の芽」と呼ばれ、独特の香りと辛味があります。

花は「花山椒」と呼ばれ、

お料理の彩りや、佃煮に。

山椒の実は 佃煮やちりめん山椒に。

山椒の果皮を潰した「粉山椒」は

ワサビと並ぶ日本の代表的な香辛料です。

果皮は 生薬としても用いられるそうです。

 

中国では花椒と呼ばれ、四川料理で多用されます。

日本の山椒とは香りがかなり違うようです。


サンショウの

香りの成分は、ジテンペンやゲランオール、

辛味の成分は、 サンシュールで、

食欲増進、健胃作用、利尿作用、抗菌作用などがあるといわれます。

ルッコラ

ルッコラ

アブラナ科キバナスズシロ属。

和名、 キバナスズシロ。

原産は 地中海沿岸。

古代ローマ時代から食されていたとか。

ゴマのような風味と、クレソンのような辛味が特徴。

ルッコラaa.jpg

主な栄養成分は

β-カロチン、ビタミンC、E、K、

マグネシウム、リン、鉄など。

辛味成分は、アリルイソチオシアネート。

アリルイソチオシアネート(芥子油)は

抗菌作用や血栓予防などにも効果があるとされます。


ルッコラは主にサラダとして葉を生食します。 ・

ラディッシュ

ラディッシュ(二十日大根)

アブラナ科ダイコン属の植物。

原産は、ヨーロッパ。

和名、ハツカダイコン(廿日大根、二十日大根)

 

ラディッシュの仲間には

赤く丸いものだけではなく、

細長いものや白いものなど、色々。

ラディッシュ2.JPG

根の部分の主な栄養成分は

ビタミンC、B1、B2、ジアスターゼなど

葉の部分の主な栄養成分は

ビタミンB1、B2、C、鉄、カルシウムなど。

ラディッシュは

ジアスターゼ というでんぷん消化酵素が多く含まれます。

ジアスターゼは

消化促進・胃もたれ・便秘・整腸などによいとされます。

唾液

 

唾液


よく噛むと唾液がたくさん出ます。

唾液には口や体の健康に関わる様々な働きがあります。

 

唾液のはたらき


■消化作用

唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素がデンプンを分解。

■潤滑作用
口の中の食べ物を唾液で濡らすことで喉を通りやすくしたり、口の中を潤して発音をスムーズにする作用。

■抗菌作用
唾液に含まれる抗菌物質が、粘膜を保護する作用。

■味覚作用
食べ物のを感じやすいように、味覚物質を溶かす作用

■再石灰化
脱灰により溶け出した歯を修復する作用

■緩衝作用
口の中のPHを一定に保って、細菌の繁殖を抑える作用

■自浄作用
口の中の汚れを唾液によって洗い流しキレイにする作用

■保護作用
舌や口の中の粘膜を潤し、乾燥から保護する作用

■口臭予防
唾液のもつ抗菌作用、自浄作用、粘膜保護作用により、口臭予防。 



唾液には全身の健康に影響する大切な働きがありますが、
分泌される唾液の量は、加齢やストレス、疲れなどに伴って少なくなるそうです。

よく噛む

 

噛むことの大切さ


よく噛むことによって、 肥満防止、虫歯予防など、様々な良い影響を身体にもたらすそうです。

よく噛んで食べるには、繊維質の多い伝統的日本食(人参、ごぼう、大根、れんこん、豆、昆布、玄米、小魚など)を選ぶのもお勧めといわれています。

 

 

よく噛むことで期待される効果

 

■肥満防止
ゆっくりよく噛んで食べることで、少量で満腹感を得られ、食べ過ぎを防ぎ、肥満防止につながります。

■脳の発達
脳に適度な刺激を送ることができるので、子供は脳の発達促進、大人は物忘れ予防が期待されます。

■味覚の発達
よく噛むと、食べ物本来の美味しさ、素材そのものの味がよくわかるようになるなど、味覚が発達します。

■言葉の発達
口の周りの筋肉をよく使うことで、あごの発達を助け、言葉の発音がきれいになったり、表情が豊かになったりするそうです。

■歯の病気予防
よく噛むと、唾液がたくさん出ます。口の中の自浄作用が高まり、虫歯や歯周病、口臭の予防になります。

■胃腸の働きを促進
消化を助け、食べ過ぎを防ぎ、胃腸の働きを促進して、便秘予防にもつながります。

■全身を活性化
身体が活発になり、力いっぱい仕事や遊びに集中できます。

 

  

腹八分

腹八分に医者いらず

お腹いっぱいまで食べるよりも、

腹八分目程度に抑えて食べるほうが

カラダに良いという、

暴飲暴食を戒めていう諺。 

 

 

小食は 胃腸の負担を軽くし、

肥満を防いで、

さまざまな生活習慣病を予防し、

長寿に役立つと言われています。

 


現代人のほとんどが食べ過ぎとか。

もう少し食べられるという位のところで止めておくことが

とても大切だそうです。

 

5:2:1

5 対 2 対 1

5 : 2 : 1 は 歯と食物の構成比だそうです。

 

歯 

■臼歯 : 穀物をすりつぶす

■門歯 : 野菜を噛む

■犬歯 : 肉を噛み切る

 

人間の歯 

人間の歯は

上あごと下あごにそれぞれ16本ずつで、

臼歯10本、門歯4本、犬歯2本で構成されています

= 5 : 2 : 1

 

このことから、

5(穀物)対2(野菜)対1(肉)の比率で

食物を摂るのが理想的なのだそうです

歯の構成比率からすると、

魚や肉は食事全体の8分の1ほどが適量なのだとか。


身土不二

「身土不二」と「地産地消」


身土不二

明治時代に始まった食養会食養運動のスローガン。
「人間の身体と土地は切り離せない関係にある」という意味。

その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方だそうです。


地産地消

地域で生産されたものを、地域で消費する(食べる)ということ。

 

 

■暑い土地は

身体を冷やしやすい食べ物が中心

■寒い土地は

身体を温めやすい食べ物が中心

■四季がある土地は

旬の食べ物が中心

 

  __sozai__/0021451.jpg  


「地元の旬の食品や伝統食を食べるのが健康に良くて美味しい」

なるほど・・・

その方が自然な食生活であるというのもうなずけます。 

 

    __sozai__/0013898.jpg

旬を食す

旬の食材

 

旬とは

その食材が一年で最もおいしくて栄養価が高くなる時期で、人間がその季節に必要とする栄養素を豊富に含んでいる時期といわれます。

 

旬の食材の特徴

<春>

冬の間に蓄積した脂肪などを代謝・解毒させるのに適した香りやエグミの強い食べ物。

<夏>

熱さから身を守るため、水分を多く含む食べ物。
<秋>

冬の寒さに備えて身体にエネルギーを蓄える糖質を含んだ食べ物
<冬>

身体を温める、根菜類、芋類、土の中で育つ食物など。

 

  


旬の食材は栄養価が高くて、お値段もお手頃 (^_^)/

美味しい旬の食材パワーを上手に取り入れたいものです。

わさび菜

わさび菜

アブラナ科アブラナ属。

からし菜の変異種だそうです。

葉面がちりめん状に縮れていて、

わさびに似た辛味があります。

2014-04-12-8.jpg

主な栄養成分は

ビタミンC、B2、βカロチン、

鉄、カルシウムなど。

 

辛み成分は

アリルイソチオシアネートで

抗癌作用や抗菌作用などがあるとされます。

セリ(芹)

セリ科セリ属。

 

セリは、香りの強い野菜で、日本の山野に自生。

古事記、万葉集など日本古来の文献にも登場し、

春の七草のひとつとしても知られます。

2014-04-12-9.jpg

主な栄養成分は

βカロチン、ビタミンC、

カリウム、鉄分、マグネシウムなど。

 

こごみ

コゴミ(屈・こごみ)

イワデンダ科クサソテツ属。シダ植物。

別名、クサソテツ、コゴミ、カンソウ。

 

春から初夏に渦巻状の新芽が出て、

その新芽の部分を山菜として食用にします。

こごみはアクが少ない山菜なので

さっと茹でて水を切るだけで

簡単に調理ができるそうです。


コゴミの主な栄養成分は

βカロチン、ビタミンE、K、C、B、

カルシウム、亜鉛、葉酸など

こごみは 食物繊維が豊富で、

抗酸化作用の強いビタミンも沢山含まれます。

たらの芽

タラの芽(たらの芽)

ウコギ科の落葉低木、タラノキの新芽。

たらの芽は 山菜の王様とも言われ

おだやかな苦みで、食感や風味も人気です。

主な栄養成分は

βカロチン、ビタミンC、E、K、

カリウム、マグネシウムなど


タラの芽には

健胃、強壮、強精作用があると言われています。

つくし

ツクシ(土筆)

トクサ科トクサ属。

スギナ(杉菜)の 胞子茎 。

ツクシとスギナは地下茎でつながっていて、春にツクシが出て、その後スギナが次々に芽を出してきます。スギナを乾燥させたものは「問荊」という生薬名があるそうです。

tks1aaa.jpeg
主な栄養成分は

ビタミンB群、E、カリウム、

マグネシウム、リン、亜鉛、銅など。

tks5aaa.jpeg

卵とじ、つくだ煮、お浸しなどが定番。

(アルカロイドなどを含むため大量摂取は避けたほうがよいと言われています)


春の訪れを告げる「土筆(ツクシ)」

田畑のあぜ道や草原などにみられ、古くから親しまれ季節感あふれる食材の一つです。

ふきのとう

ふきのとう(蕗のとう)

ふき(蕗)

キク科フキ属の多年草。

ふきのとうは 蕾の状態で採取されたもので、

花が咲いた後に地下茎から伸びる葉が出てきます。

A4D5A4ADA4CEA4C8A4A6.JPG
ふきの主な栄養成分は

カリウム、リン、鉄、食物繊維など。 

苦味成分はアルカノイドとケンフェール。

アルカノイドは

肝機能強化や新陳代謝促進の作用が、

ケンフェールは、

抗酸化作用が期待されます。

香り成分はフキノリドで

消化促進や健胃効果が期待されます。

春の訪れを感じる山菜フキノトウは、

独特な芳香と苦味が人気の早春の食材。

天ぷら、和え物、ふきのとう味噌などに。

わらび

ワラビ(蕨)

シダ植物の1種。

わらび1.JPG

春から初夏にまだ葉の開いてない若芽(葉)を採取して食用にしたり、根茎から取れるデンプンを「ワラビ粉」として利用します。

ただしワラビは山菜の中でも灰汁が強く、毒性があるため生のままでは食用にできません。必ずアク抜き処理をします(伝統的な調理法や木灰、重曹を含む熱湯を使いあく抜きしたワラビや塩漬けで無毒化)。

 

ワラビの主な栄養成分は

ßカロチン、ビタミンB2、E、カリウムなど。

 

ワラビを使って・・・

煮物、卵とじ、お浸し、山菜おこわ、山菜蕎麦・・・

ほろ苦い山菜の味は、まさに春の味覚。

「わらび餅」も美味しいですねっ!

花粉飛散

2月・・花粉が飛散し始めるころ

花粉症は

花粉によって生じるアレルギー症状です。

スギ、ヒノキ、ケヤキなど樹木の花粉のほか

ブタクサ、ヨモギなど草花の花粉も

花粉症を起こすことが知られています。

 

日本で最も多いのはスギ花粉症といわれ、

スギ花粉は2月から4月まで飛散するため、

この時期にスギ花粉症患者が急増するようです。

  

<予防・対策の一例>

室内に入る花粉や体に入る花粉を出来るだけ防ぐ

 マスク・メガネ・帽子などを着用。
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用を避ける。
 家に入る前に衣類・髪に付着した花粉をはたき落とす。
 室内の湿度を上げ(加湿器など)空中の花粉の浮遊を防ぐ。

バランスの良い食事・栄養補給で免疫力向上を

粘膜が弱くなると免疫力は低下し、

粘膜が弱くなる原因は、主に栄養不足と乾燥。

βカロチン、ビタミンC、E、ポリフェノール等を十分に摂り、

皮膚やのど粘膜、鼻粘膜を強化することや、

乳酸菌など善玉菌による腸管免疫力を高めることも、

アレルギー予防や病原菌に強い体作りには良いようです。

必要な栄養・休養を十分に摂り、免疫力を高めて、

出来るだけ症状を軽減してゆきたいものです。

春の備え

2019.2.4

春を告げる「立春」。 

暦の上では この日が寒さの頂点となり、
翌日からの寒さを「残寒」「余寒」といって
手紙や文書等の時候の挨拶などで使われるとか。

立春とは名ばかりの寒い日がしばらく続きそう〜

待ち遠しい春です ♪

とはいうものの、春先って、
インフルエンザ、花粉症、肌トラブルなど、
越えなくてはならないハードルの多い季節。

粘膜が弱くなると免疫力は低下するとか。

粘膜が弱くなる原因は、

おもに栄養不足と乾燥といわれます。

アレルギー予防や

ウイルスや病原菌に強いカラダ作りには

βカロチン、ビタミンC、E、ポリフェノール等を十分に摂って

皮膚やのど粘膜、鼻粘膜を強化することや、

乳酸菌など善玉菌による腸管免疫力を高めること、

なども望ましいようです。

 

毎年必ずやって来るこの時期に備え、
栄養・休養を十分に摂り、免疫力を高めて、
出来るだけ症状を軽減してゆきたいものです。

 


  

長芋

ナガイモ(長芋)

ヤマノイモ科ヤマノイモ属。

 

主な栄養成分は

ビタミンB群、C、亜鉛、

鉄、カリウムなど。

長芋は 

すりおろせばトロトロ感が、

刻めばシャキシャキ食感が良く、

生でも焼いても揚げても美味しい食材ですね♪

大根

ダイコン(大根)

アブラナ科ダイコン属。

だいこんaa.jpg

■大根の根の部分は 淡色野菜。

根の主な栄養成分は

ビタミンC、ジアスターゼ、アミラーゼなど。


消化酵素ジアスターゼ

健胃作用で知られますが、熱に弱いので

大根おろしで食べるとより効果的。

大根は 食物繊維も豊富ですので

整腸作用も期待されます。

 

大根おろしの辛み成分は

イソチオシアネート(芥子油)で、

抗酸化作用や抗菌作用があるといわれます。

 

 

■大根の葉の部分は 緑黄色野菜。

葉の主な栄養成分は

βカロチン、ビタミンC、B1、B2、

カルシウム、ナトリウム、リン、鉄など。

栄養豊富なので、ぜひ利用したいものです。

白菜

ハクサイ(白菜)

アブラナ科アブラナ属。

 

白菜は約95%が水分で、

栄養価の多い食材ではないですが、

微量ながら様々な栄養素が含まれています。

主な栄養成分は

ビタミンC、食物繊維、

マグネシウム、カリウム、カルシウムなど。

 


冬野菜の代表、白菜は

繊維がやわらかくてクセがないので、

鍋物や漬物、炒め物、サラダに、

大活躍する低カロリー野菜です。

▲このページのトップに戻る