温度差にご注意

〜冬〜 温度差にご注意

冬の寒さは

血管を収縮させて、血圧をあげます。

寒さだけでなく、温度差も

血管に大きな負担をかけます。

温度差が大きいと

血管の拡張と収縮が急激に行われるため、

血圧も急激に変化して、それが

心臓や脳血管の障害を引き起こすそうです。

冬場は 暖かい部屋から寒い部屋に

移動するときは 特にご注意ください。

お風呂に入るときには

脱衣所や浴室を暖めておいたり、

夜間に布団からトイレへ移動する際は

靴下や上着を羽織ったりするなど、

急激な温度変化を避ける工夫が必要です。

お風呂はぬるめのお湯にゆっくりつかるとか、

早朝は布団から飛び起きたりしないで

深呼吸をして、お布団の中で靴下をはくとか、

ゆっくり行動をした方が良いそうです。

 

ちょっとした工夫をするだけでも

温度差による身体への負担を減らし、

予防につながるのではないでしょうか。

▲このページのトップに戻る