乾燥@

〜冬〜 乾燥にご注意


健康にも美容にも、乾燥は大敵!

冬は大気中の水分量が最も少なくなる時期

冬になると空気は乾燥します。

乾燥している冬の大気は

暖房によりさらに乾燥が進みます。

湿度が低く乾燥しすぎていると、

肌トラブルや風邪の原因にもなります。

 

室内の湿度管理は大切ですね。

湿度は40〜60%の間が快適といわれます。

乾燥対策として 加湿器などもお手軽ですが、

加湿のしすぎは結露の原因となり

カビやダニも発生しやすくなるので、

冬は「加湿しすぎ」にも注意が必要に。



< ゆるやかな乾燥対策の例 >

・濡れたタオルを干しておく

・水のはいったコップを置く

・観葉植物を置く

・換気をする

・洗濯物を部屋に干す

 

 

 

風邪予防 

☆お肌の乾燥対策 

▲このページのトップに戻る